宮原医院 心療内科
 トップページ健康サポート>季節の健康トピック
コンテンツ
お知らせ
診療案内
クリニックの紹介
交通案内
健康サポート
宮原医院 心療内科所在地

〒519-2704
三重県度会郡大紀町
阿曽2270

電話:0598-86-3555
Fax:0598-86-3505

休診日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

診察時間
9:00-12:00/14:00-17:00
※1 土曜は9:00-14:00
※2 午前11時からの1時間と午後2時からの1時間は、初診の方専用の診療時間とさせて頂いております

健康サポート

季節の健康トピックものしり医療メモくらしのヘルスケアすこやかレシピ

傷つきやすいあなたの目 「涙の力」をあなどらないで!

目が疲れる、目が痛む……こういう目の症状の原因の多くは、ドライアイといわれています。目が乾かないように目を守っているのは涙。この涙の“実力”を知り、正しいアイ・ケアを今日から始めましょう。

目の疲れ、かすみ、痛み、ものが霞んで見える。こんな不快な目の症状を感じたことのある人は多いはず。この原因の60%が、ドライアイだといわれています。たかが目の症状と侮ってはいけません。肩こり・背中の痛み・手指のしびれなどの体の症状や、イライラ、不安感などの心の症状にもつながるなど、心身の健康を脅かすことにもなるのです。目の健康を保つには、ドライアイにならないようにすることが、重要です。

ドライアイは、涙の量が減ったり、涙の成分が変化したりして、目が乾く症状です。あなたの目を守る涙がどんなものかを考えてみましょう。

涙は水と油とムチンの三重構造

悲しいときや感動したときに流す涙。ちょっぴり塩辛い、ただの水だと思いがちですが、実はとても複雑でデリケートなものなのです。

涙は、上まぶたの裏側にある涙腺から分泌されます。まばたきをするたびに、一定量の涙が分泌され、目の表面全体に薄く膜状に広がります。古くなった涙は、目頭の近くにある涙点という穴から出て、鼻涙管を通って鼻へと流れていきます。まばたきの回数は1分間に20〜30回。そのたびに目の表面はリフレッシュされます。

さて、涙の役割は、乾燥を防ぐだけでなく、細菌やウイルスを殺したり、ゴミなどの異物を洗い流したり、目の表面(角膜)に栄養を補給したりする、重要なものです。

涙の主成分は(少し塩辛い)水ですが、水だけでは、せっかく目の表面に塗り広げられても、重力で流れ落ちてしまいます。それを防ぐため、涙にはムチンという糊のような成分も含まれ、角膜と水の間に「ムチン層」を作り、涙が流れ落ちないようになっています。さらに、水は外気に直接触れるとすぐ乾いてしまいますから、涙に含まれる油分が表面に薄い膜を張って、水の蒸発を防いでいます。

涙の三層構造

涙は7ミクロンの薄い膜で角膜を覆っています。この膜は、ムチン層、水層、油層の三層構造になっていて、ムチン層は水が流れ落ちないようにする役目を、油層は水の蒸発を防ぐ役目を持っています。

ドライアイになると目が傷つきやすくなる

このように、涙は三層になってあなたの目を守っているのです。ですから、その量や成分が少しでも変わると、目の表面は途端に危険にさらされ、不快な症状につながってしまいます。

涙は、健康な人でも年を取るにつれ少しずつ減っていきます。しかし、涙は十分に分泌されているのに、部屋が乾燥していたり、まばたきが減ったりすることでもドライアイになりやすくなります。

冬は部屋の中が乾燥しがちですから、加湿器などで湿度を保つことが大切です。

まばたきが減る理由はいくつか考えられます。パソコンのディスプレーを見つめる時間が長いと、まばたきが減るだけでなく、体や心も不調になる「VDT症候群」になる心配があります。休憩を取るなど、リラックスする時間を作りましょう(下記参照)。

度数の合わないメガネやコンタクトレンズを使うと、目を見開きがちになり、まばたきを減ってしまいます。

また、コンタクトレンズの汚れも要注意です。レンズの汚れが涙をはじいてしまい、涙が目に均等に広がらなくなってしまうのです。レンズは必ずこすり洗いをして、保存しましょう。

ドライアイは、ちょっとした努力で予防できます。あなたがドライアイかどうかは、上の簡単なチェック表で確認できます。もし、ドライアイ度が高ければ、早速対策を立てましょう。

洗眼液は大切な涙を流してしまうだけ

さて、目が乾くからといって、目薬をしょっちゅう何滴も差す人がいますが、これは要注意。目の乾きを感じたら、涙液型の目薬を1滴差すだけで効果は十分です。疲れ目用として市販されている目薬のほとんどにメントールが入っており、その刺激が欲しくて大量に差す人を見受けますが、目を守る涙を流してしまっているだけです。

洗眼液で「目を洗う」ことも、目にはよくありません。実際、洗眼が習慣になっている人が目の痛みを訴えて眼科医に駆け込むケースが目立っており、その多くがドライアイや感染症になっているといいます。

目を洗うと、カップにゴミが浮いているように見えますが、それは水分の乾燥を防ぐ涙の油分です。目の症状の解決にはなっていません。その証拠に、不快な症状がなくなれば洗眼しなくて済むはずが、メントールの刺激感を求める習慣になっているのです。洗眼によって、まつげやまぶたに付いている汚れや花粉を、目の中に入れてしまう恐れもあります。

涙の実力を知り、その力を十分発揮できるように、心がけましょう。

パソコンとの上手な付き合い方

パソコン作業を長時間続けることによって生ずる、目、体、心の症状をまとめてVDT症候群と呼んでいます。VDTとは、Visual Display Terminal(パソコンの表示装置)のことです。

このVDT症候群にならないようにするためには、まず、正しい姿勢で作業することです。また、目からディスプレーまでの距離は40〜70cmとし、視線はやや下向きになるようにします。部屋の明るさも適度に保ちます。

そして、1時間ごとに10〜15分間の休憩を取り、遠くを見たりして目を休めます。ストレッチなど体全体を動かすことも効果的です。

疲れ目予防のアイ・ケア3カ条

  1. まばたきを頻繁に(1分間に20〜30回)するよう意識する
  2. 目を洗わない。目薬は涙液型を1回1滴差すだけで十分
  3. コンタクトレンズはこすり洗いで清潔に保つ

ページの先頭に戻る

  Copyright © Nikkei Medical Custom Publishing, Inc. All rights reserved.
サイトマップ リンク お問い合わせ