宮原医院 心療内科
 トップページお知らせ(コラム)>第59回「年の瀬2015」
コンテンツ
お知らせ
診療案内
クリニックの紹介
交通案内
健康サポート
宮原医院 心療内科所在地

〒519-2704
三重県度会郡大紀町
阿曽2270

電話:0598-86-3555
Fax:0598-86-3505

休診日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

診察時間
9:00-12:00/14:00-17:00
※1 土曜は9:00-14:00
※2 午前11時からの1時間と午後2時からの1時間は、初診の方専用の診療時間とさせて頂いております

お知らせ

●第59回「年の瀬2015」

今年ももうすぐ終わろうとしております。この冬は暖冬で過ごしやすいかと存じますが、皆さん、お元気でしょうか、副院長の宮原です。

年をとってきますと、一日があっという間に過ぎていくように思われ、若い時以上に一日を大事にしようと思っている今日この頃です。プライベートなことでは、今までも何度かお話ししておりますように、ここ数年はテニスに熱中しております。今までの3年間はスクールと家族などのプライベートで遊ぶだけでしたが、今年4月末より、サークルなるものに入れていただき、結構日曜日に参加させて頂きました。そこでいっぱいの楽しい事や、少しのつらいことも経験しましたが、何より今までの環境と違ったのは、皆さんゲームをしたがる人が多いというものでした。僕にとって、ゲームというものは、スクールの最後15分くらいだけやるおまけのようなもので、今までは大きな意味をもちませんでした。むしろ、むやみに緊張するだけの厄介なもので、こんなことするくらいなら練習の時間にしてくれればいいのに、とさえ思っておりましたが、サークルでは活動時間の半分以上を試合に費やすのです。1時間とか、日によっては1時間半とかがゲームになります。そうなってきますと、いくら大会に出ないといってもどうしてもゲームを意識せざるをえなくなり、そこからテニスへの考え方が大きく変わった一年でした。具体的には、今まではよりかっこよくとか、パワフルに、気持ちよく打つといったことが第一でしたが、ゲームではそんなことをしていたら負けてしまいます。野球で言ったら、毎打席ホームランを狙っているようなもので、三振しやすいですよね。それでは結果が悪いのは当たり前で、まずは高確率でヒットを打つ方を考えるべきと思考を変えました。つまり、気持ちよく思いっきり打つ、のではなくて、確実に返すを第一としました。それではうまい人に打たれたい放題ではないかと思われる方もいると思いますが、確かに中上級、上級の方相手だとそれだけでは相手になりません。でもそれは、今までの打ち方、考え方でも結果は一緒でしたし、それに、「確実に返す」に「常に長い球を打つ」が加わると状況が大きく変わります。それができると、若くてパワフルな圭クンのように打っている人相手でも、勝機が出てくるのです。このことに気付くのに3年以上かかりました。例えやすいのでいつも野球に例えるのですが、草野球のエース級の人は120キロのスピードボールを投げられる人だと仮定します。40歳を超えて草野球を始めて、どんなに頑張っても、センスがある人ならフォームはそれらしくなるかもしれません。でもスピードはせいぜい100キロしか出ず、しかもノーコンでフォアボールを連発したり、球に入るストライクはど真ん中で、うまい人に打たれまくる、普通に行くとどれだけ努力してもせいぜいここまでの人が大半かと思います。ところが80キロのスピードしか出なくても、投げたいところへコントロールできれば、勝負になる、このようなイメージです。昨日スクールのコーチと話している時に今の僕のレベルを聞きました。僕が「中級の中でも真ん中かそれより上が目標です」といったのに対し、返ってきた答えは、「それならもうクリアしてますよ」というものでした。テニスを始めて1年半で「中級の下」までは行き、そこからここまでに2年かかったことになりますが、年齢から考えて、テニスを始めた時に置いてきた目標だっただけに僕にとっては感無量の言葉でした。でも、まだまだそれがゲームになると十分生かされておらず、試合を楽しめるところまでは行っていないので、もうしばらくのめりこもうと思っています。皆さんも、年取ってからも続けられる、できれば体を使うような趣味を持つことは心身どこから見ても健康に老後を過ごせる可能性が上がる大きなファクターですので中年のうちに何か一つでいいですから見つけましょう。それでは皆様、よいお年をお迎えください。

長文ご精読ありがとうございました。

2015年12月16日

 

Copyright © MIYAHARA CLINIC. All rights reserved.
サイトマップ リンク お問い合わせ