宮原医院 心療内科
 トップページお知らせ(コラム)>第58回「紀北地区薬剤師会学術勉強会での講演」
コンテンツ
お知らせ
診療案内
クリニックの紹介
交通案内
健康サポート
宮原医院 心療内科所在地

〒519-2704
三重県度会郡大紀町
阿曽2270

電話:0598-86-3555
Fax:0598-86-3505

休診日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

診察時間
9:00-12:00/14:00-17:00
※1 土曜は9:00-14:00
※2 午前11時からの1時間と午後2時からの1時間は、初診の方専用の診療時間とさせて頂いております

お知らせ

●第58回「紀北地区薬剤師会学術勉強会での講演」

先日お伝えいたしました通り、昨日講演をしてきました。尾鷲まで自宅から約90qでしたが、自動車専用道路の発達で松阪ICから高速に乗り、尾鷲北ICで降りてすぐの尾鷲総合病院まで各SA・PAでじっくり休みながら行っても80分弱で着きました。少々ドキドキしながら行き、出迎えていただきましたMR(薬屋さんです)さんと話しながら講演会場へ。移動中にもその方といろいろ話をしたのですが、以前聞いていたのは「通常15−20人くらい。地元の先生がされるときは多くて22-3人」という人数でした。ならば、15人くらいなら気軽に話せるなあと思って行ったのですが、聞いてみると40人を超えているというではありませんか!!聞けば、熊野病院からも薬剤師さん以外に来られるとかでここまで増えたようです。

というわけで余計に緊張しましたが、一方でいざ講演が始まり、皆さんの顔を眺めながら話をしていくと、確かに見た顔がちらほらあり、懐かしい気分になり、むしろリラックスできました。とはいえ、わざわざこれだけの人が来るほどの講演内容になっているかなあ、とか、熊野の職員さんはどうせ院長命令か何かで来させられたんだろう、気の毒だなあ、などとも考えながらお話をさせて頂いておりました。それから、会場が尾鷲総合病院だったことも緊張しました。初めてうかがう病院ですし、何よりも僕の処方で多大なご迷惑をおかけしている病院でもあります。 講演冒頭では思わず、そのことのお詫びとお礼の言葉が出てしまいました。そのような後ろめたい気持ちからも始まった講演ですが、講演自体は相変わらずカミカミでしたが、まずまず順調に伝えたいことを言えたかと思います。また、それだけの人数の中から、3人の薬剤師の先生方より「副院長のひとり言、読んでますよ」と言っていただき、驚きとともに大変うれしく思いました。ただ、その場ではそうだったのですが、家に帰ってみて考えてみますと、「最近はテニスの話ばかりだったな」とか、「僕の情けない、恥ずかしい部分も書いてしまっている。そんなものも思っている以上に多くの方が見ているんだな。恥ずかしい」とか、 「よりアカデミックなことを期待してこのコラムを開いているのではないか。なのに、こんな内容で申し訳ないな」とマイナスに考える一方で、「ミニ勉強会のコラムはともかくとして、ひとり言のコラムはそもそもつれづれなるままに書いているものなので、アカデミックでないほうが喜ばれてるんじゃあないか」とか、「等身大の自分を読んでもらい、むしろ親近感を持ってもらっているのではないか」とか、「テニス好きな人もいるかもしれない。そういった人がむしろ多くて、テニスの話も楽しまれてるんじゃあないか」などとプラスに考えたりといろいろした末、結局、楽しく読んでいる人たちだけが続けて読んでいるわけで、少なくとも昨日「読んでますよ」と言って下さった方は、楽しく読んでいるから読み続けているわけで、これはこれでいいのではないかとプラスに考えることにしました。しかし、気ままに書いているせいで、時にかなり間隔があいてしまいます。実際、前回第57回のコラムまでがかなり空いておりましたので、これからはくだらない内容でもこまめに更新していこうかと思います。
とにかく、今回の講演で思ったことは、聞いて下さっている皆さんが、1時間を超えるお話であったにもかかわらず、僕が見る限りですが、皆さん最後まで集中して聞いて下さっていたこと、その後の質問も皆さん認知症のこと、患者さんのことを真剣に考えていることがよく伝わってくる内容、態度であったこと、熊野病院の皆さんに久しぶりに会えて懐かしかったことなど、僕は講演するのが正直嫌いなのですが、今回はこのお話を受けてよかったなと心から思える経験となりました。関係者の皆様方、大変お世話になりました。今後も、皆様には大変なご迷惑をおかけするかと思いますが、よろしくお願い申し上げます。

長文ご精読ありがとうございました。

2015年8月7日

 

Copyright © MIYAHARA CLINIC. All rights reserved.
サイトマップ リンク お問い合わせ