宮原医院 心療内科
 トップページお知らせ(コラム)>副院長のひとり言 第28回「ハイブリッド・カーに乗って」
コンテンツ
お知らせ
診療案内
クリニックの紹介
交通案内
健康サポート
宮原医院 心療内科所在地

〒519-2704
三重県度会郡大紀町
阿曽2270

電話:0598-86-3555
Fax:0598-86-3505

休診日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

診察時間
9:00-12:00/14:00-17:00
※1 土曜は9:00-14:00
※2 午前11時からの1時間と午後2時からの1時間は、初診の方専用の診療時間とさせて頂いております

お知らせ

●第28回「ハイブリッド・カーに乗って」

もう一週間もすれば、梅雨明けだそうですね。うっとおしい季節もあとわずかです。皆さんお元気でしょうか、副院長の宮原です。
この度、車を買い替えました。いろいろと印象的だったのでそのことを書いてみます。車を買い替える時に考えたことは、燃費が第一でした。往復90kmという、通勤距離を考えた時にどうしても避けれない問題だったのです。しかし、ハイブリッド・カーと言うとプリ○スが有名ですが、あまりにも多く見かけますので、少し珍しいのがいいなと思っていましたところ、この度ホンダから「ハイブリッド・スポーツ」という新しい概念で車が出るというニュースを聞きました。試乗に行って一発で気に入り、3月に注文したのがようやく今月届きました。そして現在乗っているのですが、一言で言うと、全く新しい感覚です。まず、飛ばせなくなりました。高速道路が主な通勤路なのでどうしても今までは飛ばしてしまったのですが、今はどうしても飛ばせないのです。この車は、スピードメーターがデジタル表示で数字だけが出ますから、飛ばしてもメーターがビューンと振り切れるなんて言うことはありません。その代わりにモニター画面を燃費計測画面にしていると、アクセルを踏むと、ゴーンと燃費が悪くなり、アクセルと離すと、燃費がギューンと向上します。つまり、飛ばさない方がモニター上、気持ちいいのです。そのような画面を見ながらアクセルを踏んでも、すごく燃費が悪くなるだけで「せっかくハイブリッドを買ったのに、なんて無駄遣いをしているんだ」という、罪悪感しか起こらなくなりました。というわけで、「ハイブリッド・スポーツ」の、「スポーツ」のところが実際には味わえない今日この頃ですが、それはそれで楽しんでいます。また、ならし運転が終わったら、時には「スポーツ」の部分も楽しみたいと思いますので、その頃にはまた考え方が変わっているかもしれませんが、現時点での感想を綴ってみました。でも、それ以上に気に入っているのは見かけなんですけどね。とにかくカッコイイです。皆さんもエコには興味を持ちましょう。
それでは今回はこの辺で。

 

平成22年7月14日

  Copyright © MIYAHARA CLINIC. All rights reserved.
サイトマップ リンク お問い合わせ