宮原医院 心療内科
 トップページお知らせ(コラム)>第35回「光療法について」
コンテンツ
お知らせ
診療案内
クリニックの紹介
交通案内
健康サポート
宮原医院 心療内科所在地

〒519-2704
三重県度会郡大紀町
阿曽2270

電話:0598-86-3555
Fax:0598-86-3505

休診日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

診察時間
9:00-12:00/14:00-17:00
※1 土曜は9:00-14:00
※2 午前11時からの1時間と午後2時からの1時間は、初診の方専用の診療時間とさせて頂いております

お知らせ

●第35回「光療法について」

もうすぐ今年も終わりますね、急に寒くなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか、宮原医院副院長の宮原です。いつも僕は、患者様、特にご高齢者にやさしい治療を心掛けているつもりですが、そういった意味では、今年はアリビプラゾールというお薬に注目した一年でありました。この薬は、統合失調症、躁うつ病の操状態、うつ病と、多くの疾患で次々に適応をとった少し変わった薬で、従来の「神経伝達物質を抑える」とか「増強する」とかといった作用機序ではなく、調整するというものでそのせいか、よく言えばマイルドでほどよく効いてくれる方が多いです。悪く言えば、効くまでに時間がかかる方も多い印象で、それでもいい場合にしか使いにくい印象です。それでも従来のお薬ではうまくいかなかった患者様の多くに、特効薬のように効きました。今後もよりうまく使えるように、いろいろ考えてやっていきます。

来年は光療法を試みることを考えております。精神科分野では、以前より季節性うつ病などによく用いられてきたのですが、近年高齢者の分野でも用いられる試みが増えています。ことに、認知症に伴う昼夜逆転(昼間に寝て夜起きだして寝ない)、睡眠相前進症候群(夕方から寝てしまい、夜中に起きだしていろいろ問題を起こす)といった方に、それ専用の光を用いて従来の一日のリズムを取り戻してもらうといったアプローチが注目されております。これが統計などで出ている通り50-70%の方に効いてくれるのであれば、少なくとも強い眠剤などは使わずに済んで、転倒やそれに伴う転倒なども起こさず、日中生き生きと過ごしてくれれば何よりということになります。患者様の家族によりましては、このような話をしますと大変興味を持たれ、個人的に購入して試みてみるといわれる方もおられますが、家庭用でも4万円弱程度はするようです。そこで僕のほうで一機購入してみました。2週間程度無償でお貸しする代わりに、その効果のほどをモニターとなり、その感想などをお教えていただければと存じます。日光過敏症状(光を浴びると皮膚がただれる)がある方でも大丈夫なようですが、目の病気のほうで一部、やらないほうがいい方もおられます。白内障、緑内障などはいいようですが、少なくとも「晴れた日に出歩くな」と医師のほうから忠告されているような目の病気がある方は控えたほうがいいようです。逆に言えばそうでない方であれば悪い事はないようなので、その気がある方はお気軽にご相談ください。

2014年12月6日

  Copyright © MIYAHARA CLINIC. All rights reserved.
サイトマップ リンク お問い合わせ