宮原医院 心療内科
 トップページお知らせ(コラム)>第34回「2013年を振り返る」
コンテンツ
お知らせ
診療案内
クリニックの紹介
交通案内
健康サポート
宮原医院 心療内科所在地

〒519-2704
三重県度会郡大紀町
阿曽2270

電話:0598-86-3555
Fax:0598-86-3505

休診日
木曜・日曜・祝日・土曜午後

診察時間
9:00-12:00/14:00-17:00
※1 土曜は9:00-14:00
※2 午前11時からの1時間と午後2時からの1時間は、初診の方専用の診療時間とさせて頂いております

お知らせ

●第34回「2013年を振り返る」

秋がいつの間にか終り、一気に冬の様相となってまいりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか、宮原医院副院長の宮原です。しばらくこのコラムも更新していませんでしたが、もう今年も終わりに近づいていますので、簡単に今年一年を振り返ってみようと思います。プライベートなことに関しましては、「副院長のひとり言」コーナーに更新しましたので、今回は仕事に関係したことだけで振り返ってみます。

まずは、「副院長のひとり言」第50回でも書きました通り、個人的には胆のう摘出術を受けたことが、仕事にも大きく影響しました。まず、手術で仕事を休んでしまいました。その後、痛みが取れるまでは、仕事をしながら過ごしたのですが、じっと座っているだけでも痛いので、いつも通りの診療ができていたのかどうか判りません(自分ではそれなりにやっていたつもりでしたが、今思えば、いつもより長くお話を聞けなかったかもしれません。そうお感じになった患者様がおられましたら、お詫び申し上げます)。その後も、10月まではお腹が大変緩く、診察の合間にトイレに行くようなことはしょっちゅうでした。そんな都合で、勉強会も行けず、講演もお断りし、あまり仕事を頑張ったとは胸を張って言えない一年でしたが、一つ大きな出来事と言えば、大紀町で認知症対策チームを作り、実際にその対策に動いたことです。要は国がオレンジプランなるものをゴールドプラン、新ゴールドプランのあとに新たに考え、各自治体に実行せよという御触れが出たために、町として認知症対策をしなければならなくなり、そのメンバーの一人として僕も呼ばれたということです。今年一年で実行したことは、僕としましては、まず認知症の啓発活動です。いろいろなところで認知症の講演会を町民対象で行い、更にはケーブルテレビでもお話しさせて頂きました。他には、認知症早期発見健診票を作成し、実際に町民の方に実施し、その結果を評価させて頂きました。それで実際に早期発見ができるか、出来たところでうまく手を打てるかは、僕だけでなく、町民の方や、民生委員さん、包括センター、役場の方、かかりつけ医さんなど多くの人にかかってくることですので、町全体で認知症と向き合い、ベストな手を選択し、なるべく今までと同じ様な生活が長く続けられる町になるとっかかりになってくれたらなと切に願います。

もちろん、他にも町としてはいろいろな対策を講じ、いろいろな人がいろいろなところで頑張ってくれています。例えば、要介護となっていない比較的元気な方への認知症予防プログラムを作り、希望者を募りモデル地区を設定して、現在公文式を用いて実行中ですし、いろいろな職種間でのネットワークも構築中で、市町村と比べても一歩リードしようとしているのが現状です。それだけでも皆さんよく頑張ってみえると思うのですが、なんといいましても今年の目玉はパーソンセンタードケアを町単位で推奨や支援できないものかと模索したことです。こんなことは他の町村でもしていないことです。第一弾として、対策チームの個人個人が勉強し、次に認知症研修センターの先生をお呼びし、講演してもらうところまでは話が決まっており、そこで一度検証したのち、実際に大府までいって研修を受け、人材育成、現場での実施となるのですが、その辺を、町としてはどこまで補助していくかということは議論しなければならない所ですが、個人的には、まずパーソンセンタードケアに明るい人材が育ち、施設が育ち、町全体でもその考えが浸透すれば、大きな介護のレベルアップとなるはずです。認知症は治らなくとも、周辺症状と言われる厄介な認知症に付随してくる症状に関しましては、介護力で治せるということになれば、どこから見てもいいことのように思えます。町全体がそのような気運にあふれ、前向きに認知症をとらえ、患者さんに優しい町になる、そんなとっかかりができた一年でした。来年は、このままいけば更に大きな飛躍の年になるはずです。僕も出来る範囲で協力させて頂きます。それでは今回はこの辺で。

2013年12月2日

  Copyright © MIYAHARA CLINIC. All rights reserved.
サイトマップ リンク お問い合わせ